未分類

【Air Asia】エア・アジアは荷物の重量制限が厳しい!?

出発前夜、いろいろ調べていると
嫌な事実が分かった。
エア・アジアは荷物の重量制限が厳しいらしい。
そりゃ、そうか。
20kg 2500円とかってお金取るくらいだもんね。
25kgだと、3500円だったかな。
でも、その荷物の値段もオンラインで予約すると安いだけど、
当日カウンターで払うと、全然値段が違うらしい。
当日に1kgオーバーするだけで
1kgにつき1500円取られるという情報もあり、
いつもなら20kgと言われたら、
絶対に23kg以上は荷物を詰めていく私ですが、
今回ばかりは20kgちょうどにすることに。
(ANAとかは、20kgと言っても23kgまでは大丈夫。)
しかも手荷物は7kgまでらしい。
ANAとかもそうだけど、計量されたことはない。
両方ともオーバーしていた私は、
少しずつ荷物を減らし、何度も体重計に乗る。
それを朝の出発時間になってもやっているもんだから、
「今さら!?」と、母親もびっくり。
なんとか重量通りにして、羽田へ。
===
羽田空港でチェックイン。
受託荷物(預け入れ)は、20.2kg。
さすがに、200gオーバーでは何も言われなかった◎
セーフ!
手荷物は、1kgくらいオーバーしていたので
不安になりつつも行ってみる。
でも、よく見てみると、7kgの荷物と、
ハンドバック(またはPCバック)も1個、持ち込めるらしい。
まじかーー!!
じゃぁ、かばん二つにして来たら良かった…。
これが詳細。
『機内持込が可能なお手荷物は、お1人につき最大7キロのバック1つと、
PCバックまたはハンドバックのみとなっております。
空港免税店での購入品についてはこれに含まれません。
既定の数量を超えたお荷物に関しては、
搭乗口でお預かりさせていただきます。
その際、超過料金をお支払いいただくこともございますのでご了承下さい。
超過料金を払わないといけないこともあるのか〜!
ということは、搭乗する時に荷物の重量でも量られるのかと思いきや、
そうでもない。
ただ見た目で判断されるだけで、
止められている人はほとんどいない。
でも、キャリーバックとビニール袋3つ分くらいの荷物を持ってた人は
まとめるようにと注意を受けて
搭乗口の横でせっせとまとめていた。
なので、鞄が二つ以上ある人はたぶん止められるけど、
キャリーバックとハンドバック程度ならば、
どれだけ重たい物が詰まっていても止められないっぽい◎
あ〜、これで一安心。
とりあえず飛び立てます♪
(Visited 3 times, 1 visits today)
ABOUT ME
elemo.me
カナダに留学。アメリカ、韓国、タイなどに住む機会があり、その時々で、いろんな方のブログやネットの情報に助けられてきました。 私も、自分の記事が少しでも誰かの役に立ったらいいなと思い、海外で調べたことや、行ったお店の紹介など、少しずつアップしていくことにしました♪