未分類

【KUL→CNX】クアラルンプール空港→チェンマイ空港へ

クアラルンプール空港T7から搭乗。
12:05搭乗予定が、12:35に動き出した。
さすがマレーシアというか、
さすがエアアジアというのか。
レシートみたいな搭乗券を出して、通過。
搭乗口から飛行機まで結構歩く。
飛行機の外で待つ人々。
この気候だから許せるけど、
これが真夏の暑さだったら死ぬわ…。
みなさん、半袖、ノースリーブ、半ズボン、サンダルとかなのに、
私だけマフラーを巻いて、セーターを着て、
もわもわの服を持っている。
日本ではこれ全部着てても寒いくらいだったのにぃー。
恐るべし。南国。
寒い所から来ると、やっぱり暖かい所っていいよねって思いますよね。
歳を取れば取るほど、暖かい所がいいなって思いますよね。
さて、どこもかしこもAir Asia。
乗る所がかわいい。
後ろからも乗れる。
おぉー、なんか席が黒い。

悪くない。
3列、3列で、全6列。
でも、座席の前に何か水滴のような物がついていて、
こういう汚いのを見ると、やっぱりLCCか、って思っちゃいますよね。
座席の前には携帯電話の広告。
「マレーシアでやるべき10個のこと」っていう中に
「友達を作る」「家に電話をする」「携帯プランで悩まない」
みたいな風に、携帯のことを盛り込んで
携帯プランを契約させようっていう広告。
なかなかやるな。
===
さて、いざタイへ!!
窓側だー♪
わーい♪

マレーシアは緑豊かな国だなぁって感じだったよ。
クアラルンプール国際空港は、
「森の中の空港、空港の中の森」をコンセプトにしているらしく、
本当にアブラヤシの森に囲まれていた!
日本人が設計したらしく、
メインターミナルの方はめっちゃ綺麗!!
(写真 by Wikipedia)
LCCもメインターミナル使わせてくれたらいいのにー。
けちー。
それはさておき、タイに入国する時には、
このカードを記入する必要がある。
ARRIVAL CARD(タイ入国用)
滞在先の住所を書く欄があるので、
ホテル名か、友人の家に泊まる場合などは住所を聞いておきましょう。

DEPARTURE CARD(タイ出国用)

帰りのフライト番号を書くところがあるけど、
書かなくても普通に通過できました◎
この出国用のカードがパスポートにホチキスでくっつけられて、
出国する時に取られます。

この質問用紙みたいのも答えなきゃいけない。

宿泊先、旅の目的、職業、年収まで聞いてくる。
でも、ここで旅の目的などを記入するから
入国審査の時に、何も聞かれないから楽。
入国審査では、『No Visa?』って聞かれて、「YES」と答えたら、
『30Days』と言われ、「YES」と答えたら、終わった◎
タイはビザなしで30日。
しかも何回も出入りしたら大丈夫ということではなく、
半年のうちに最長90日しか滞在できない。
私は前回来たのが半年以上前だったから良かったけど、
そうじゃなかったら、やばかった…。
===
15:55到着。
クアラルンプール空港からチェンマイまで2時間40分。
タイ時間は14:55。
日本時間は16:55だから、丸々17時間使ったってことか。
長い一日だったな。
羽田出発から17時間後、ついに、タイに入国♪
チェンマイのゲートを出るとすぐに
TAXIの看板がある。
国際線の前
国内線の前にも同じタクシー会社。
ダウンタウンまで120バーツ。
リンピンスーパーの方まで行って欲しいと伝えると、
ダウンタウン以外の所は160バーツとのこと。
まじか…。高い…。
このやろー!
リンピンもダウンタウンもさほど遠さは変わらないのにぃーー!
でも交渉する気力もないし、
ソンテウを探す気力もないから、
そのまま乗ることに。

160バーツは日本円でいったら480円だからね。
そう考えれば、いいよね。

ソンテウなら100バーツくらいでは行けるはず。
外に出ると、パーカーも、セーターも、マフラーも必要ない。
街の人たちはノースリーブ。
運転手さんの上には足跡。
何かのお守り的な感じかな。
そうそう。街がなぜか全体的に茶色っぽいんだよね。
懐かしい。
帰って来ました!チェンマイ!
そして、 前にお世話になっていた家に行くと
たまに遊んでいた3歳くらいの子どもがいて、その子と遊び、
夜は日本人の友達とイスラエル料理を食べに!!
タイなのに、イスラエルって!!!
私は「なんでもいいですよー」って言ってたら、
「じゃぁ、イスラエル料理は?」って流れになり、行って来た。
カメラを忘れたので写真がないんだけど、
hummus(フムス、ハマス)、めっちゃおいしかった♪
ひよこ豆のディップ。
またイスラエルにも行きたくなりました。
そのうち、イスラエルに行った時の写真もアップしなければ。
チキンケバブも食べたし◎
二人で行って、一人200バーツ(600円)くらい支払い、
タイにしてはかなり高級な夕飯だけど、
日本から来たばかりだから安く感じつつ食べられて感謝。
ということで、初日から豪華料理を食べ、
元気をつけたところで、とりあえず寝ます♪
(Visited 3 times, 1 visits today)
ABOUT ME
elemo.me
カナダに留学。アメリカ、韓国、タイなどに住む機会があり、その時々で、いろんな方のブログやネットの情報に助けられてきました。 私も、自分の記事が少しでも誰かの役に立ったらいいなと思い、海外で調べたことや、行ったお店の紹介など、少しずつアップしていくことにしました♪