未分類

日本からの団体さんとの5泊6日の日々

ということで!日本からの団体(約50名)の方たちの5泊6日の行動を、ぱーっと、ご報告したいと思います。だいたい下見に行っておいた所ばかりなので、ダイジェストでお送りします。

■木曜日 

深夜 ロイヤルプリンセスホテルに到着。笑顔でお出迎え。でもみなさんは相当疲れている様子。そりゃそうだよね。1日中移動だものね。

■金曜日 

早朝、灯教会という教会へ!(写真撮るの忘れた…。)午前中は聖書のセミナー。
午後はみなさんをBig Cという大型スーパーにお連れした。ドライフルーツ・カレーペースト・プリッツトムヤムクン味が人気だったかな。あと、このシリアルみたいな飲み物が意外と人気でした。私はそんなに好きじゃないんだけど、教会で出て、奥様方に大人気。おみやげに買って行った人たちもたくさん。
そして、その後、少しホテルで休み、再び教会へ。そして夜10時半過ぎくらいにホテルへ。この移動が、大型バスじゃなくて、10人乗りのヴァン5台(運転手付き)っていうのだったもんだから、50人全員を動かすのが大変大変…。「はい、ここに10人。はい、ここに9人。はい、ここに8人。あれ?二人足りないけど?探して来ます!じゃぁ、このヴァン、先に出てください!」みたいなやり取り。現地の日本の方が何人か助けてくれたので助かった…。
この1日が長すぎて、夜は疲れ度が半端なく、父と一緒にハーゲンダッツを食べて疲れを取りました。タイではかなりの贅沢品…。たまにはいいよね。
そして、私は、みんなにも疲れがばれるほどに顔に疲れが出ていたらしく、みんなが「お疲れ様〜」とものすごく言ってくれるので、これじゃだめだ!と思い、「次の日からはいくら疲れてもそれが顔に出ないように。心からの笑顔で過ごせるように」って祈りました。「疲れないように」じゃなくて、なぜか疲れること前提…。

■土曜日 

この日は出発が昼からだったので助かりました!まぁま寝て、だいぶ疲れが取れて、ロイヤルプリンセスホテルで朝食ビュッフェ食べて、笑顔で出発!
まずは、オブルアン国立公園へ。最初に博物館まで行き、そこでみんなにだいたい説明して、1時間自由時間ということで解散。象形文字の辺まで行って帰って来ることになるだろうと思っていたら、10人くらいの人たちは前回「ロッククライミングといわんばかり」と書いた所まで「せっかくここまで来たんだから」と登って行ったので、私もお共して登りました。やはりちょっときついです。60代?の方も登って、「こんなに大変だと知ってたら登らなかった…」とおっしゃっていた。お疲れ様です…。でも、天気が良くて360度見渡せて、みんなで2曲くらい歌って、記念撮影して戻って来ました♪
そして、その後は、ホートの市場へ。めずらしいものはだいたい前回紹介したけど、今回は何人かがマンゴーを買いたいということで、値段を聞きながら回った。あるお店は1キロ(4つくらい)50バーツで、あるお店は1つ5バーツだったので、みんな1つ5バーツの店で買ってました。マンゴー15円って!!
うちの父はそのやり取りを見ながら、「4つで50バーツでも日本円にしたら大したことないんだから、そのくらいの値段で買ってあげなよ」って笑いながら見ていた。確かに4つで50バーツ(約150円)でも、かなり安い。
今はすいかのシーズンらしい。
そして、一つ、前回みつけなかった謎の物体を発見!何かの動物の骨なんだろうけど…。なんなんだろう。聞いたら良かった…。
そして、夜は教会で夕食。卵焼きがおいしいと評判。卵自体がおいしいんだろうねっていう話になった。

野菜炒めやカレーなども、日本の人たちが食べられるように辛さ控えめにしてくれている感じだった。おいしかった◎でも、今回のツアー、年配の方が多かったんだけど、比較的みんな何でも食べる人が多かった。そりゃ最初から「タイに行こう!」って思うくらいの人たちだからそうか。うちの父親は外国料理が全然だめだけど、意外と今回の料理は食べられた様子。

そして、宿泊は、前回下見済みのPPリゾート。みんなに「あんまり綺麗じゃないですから」「寒いですから」「お湯出ませんから」っていろいろ言っておいた甲斐もあり、みんな次の日に「意外と快適だったわ〜♪」と言ってくれた。良かった…。やっぱ期待値下げておくことって必要ですね。

■日曜日

日曜はメートムの村に行って礼拝の日。カレン族の教会なんだけど、カレン族には二つの言葉があって、その内のカレン「ボー」というほうを話す人たちの教会。で、タイ語が分からない人たちも多いので、話をすべてカレン語にしなければならず、日本の牧師先生が英語で話し、それをタイ人の牧師先生がタイ語に通訳し、それをカレン族の教会の牧師先生がカレン語にするという、三次元通訳だったんだけど、テンポがよくて、聞いている私は楽しかったです◎でも、日本語しか分からない人には、後ろの方で同時通訳だったので、聞こえづらくて大変だった方たちもいたみたい。申し訳ない…。
そして、教会で昼ご飯。やっぱりここでも卵焼きがでました。それから、スープなどなど。
豚の焼いた?揚げた?のも出たんだけど、後から聞いたら、今日の食事のために豚を3頭も殺したのだとか。すごいーー!!おいしくいただきました◎

だいたいどこの家でも豚を飼っているらしく、ある家に訪問させてもらったら、そこにも二匹の豚がいました。雌と雄かと思いきや、両方とも雄らしいです。
午後は村見学ということで、1時間ほど自由時間で、4つのチームに分かれて、4つの家庭訪問をさせてもらいました。だいたいの家は高床式になっている。そして、ここは階段じゃなくてはしごで登る。
登ると板張りなんだけど、下がすごく見えるので、ここに10人も乗って大丈夫かなって心配になったけど、大丈夫だと言われたのでみんな登った。
いろいろ聞きたいことを質問させてくれて、「高床式になっているのはなんでか?」と聞いたら、「下のスペースを有効的に使えるから」という答え。「鶏を飼ったり、豚を日陰で休ませたり、薪を置いておいたりするんだ」とのこと。確かに鶏がいる。
薪もたくさん。

きれいに床下に詰まっている。

この家はガスボンベもあるみたいだけど、薪で火を焚いて料理したりもするみたい。

この家の材料となっている木はこの辺から取れたものらしいけど、全部手でやすりとかをかけて平らにしているらしい。機械は使っていないとのこと。大変だ…。
それから、この辺の人たちは何をして生計を立てているのか?という問いに関しては、やはり農業という答えでした。なので農業が祝福されるようにもお祈りして、帰って来ました。
そして、チェンマイへ約4時間の道のりを進む!(ドライバーさんたち、早かったので、結局4時間かからなかったけど。)
そして、チェンマイ到着後、夜は自由行動なんだけど、SPガイヤーンを是非食べていただきたいと思い、地元の知り合いの方たち、10人くらいを連れて夕食へ。
そこから、サンデーマーケットにも行き、へとへとになってホテルへ帰って来た。

■月曜日

そして最終日。基本自由行動。昼の12時にホテルをチェックアウトしなければいけなかったので、その時間まではホテルでのんびりして、そこからオプショナルツアーに動き出した!
象乗り、ラン園、タイガーキングダムに行き、大満足。そして、夜はメーピンディナークルーズ。そして、その日の夜の便で日本へ。みなさんを送るために空港に付き添いで行ったけど、乗る前からみなさんかなりお疲れのご様子でした。そりゃそうだ…。
ということで、5泊6日の旅はこのように過ぎ去りました。(オプショナルツアーのそれぞれの詳細、載せたい写真がたくさんあるので、またアップします♪)
終わってみたら感謝なことばっかだけど、2日目の朝とか、「あれ?まだ1日しか終わってない…」ってなってたな…。でも、体調悪くなる人もいなくて、みんなが守られて、感謝な楽しい旅でした◎お祈りありがとうございました!
(Visited 2 times, 1 visits today)
ABOUT ME
elemo.me
カナダに留学。アメリカ、韓国、タイなどに住む機会があり、その時々で、いろんな方のブログやネットの情報に助けられてきました。 私も、自分の記事が少しでも誰かの役に立ったらいいなと思い、海外で調べたことや、行ったお店の紹介など、少しずつアップしていくことにしました♪