未分類

#4【スコットランド】Arrive in Edinburgh! エジンバラ。エディンバラ。

エディンバラ(エジンバラ)到着しました!!

エディンバラ?エジンバラ?

迷うところですが、
日本国総領事館でもWikipediaでも
「エディンバラ」
なので、それでいきたいと思います。

英語の人たちは、
「Edinburgh」を
「エィディンバーグ」と読んだり、
「エディンブラ」と呼んだり、
様々です。

でも、本場スコティッシュの方々は、
「エディンブラ」と言っていた。

ここの方たちの英語は、
アメリカ英語とは全く違い、
スコティッシュアクセントのある英語です。

スコットランド出身の有名人といえば、
ショーン・コネリーらしいので、
彼の英語を聞けば、
スコティッシュアクセントがわかるかも?

ーー
ということで、
エディンバラは、
スコットランドの首都です。

私は来る前から、
「イギリスに行くんだー♪」
ってうきうきしてたわけですが、
これを英語で
「I’m going to England!」
と言ったら
間違いになります。

日本語だとイギリスだけど、
イギリス=Englandではないわけですね。

「イギリス」はただの通称であって、
本当は、
「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」。
英語だと
「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」。

『通称「イギリス」は、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドから構成される立憲君主制国家』By Wikipedia

結局、「イギリス=U.K.」なわけですが、

日本人の中には
「イギリス=England」
という意識が強いような気がします。
でもそれは間違いなので、要注意。

「イングランド」は「イギリス(U.K.)」の中の一つの国。

ということで、私はイギリスに来たわけですが、
決してイングランドに来たわけではありません。

ややこしーーー!!!

韓国人の知り合いのおばちゃんの家に泊まったんだけど、
「Here is Scotland. Not England!!」
って何回も言われた。笑

ちなみに韓国語では
「에딘버러」
と書くそう。
発音すると
「エディンブォロ」。

日本人の発音よりは、
本場っぽい~♪

ーー
話を戻しまして、
やっとエディンバラ空港到着!
27時間の旅終了!

いきなり目の前に現れたのは、
回転寿司!

「早い楽」!!!!笑

確かに、早いし楽だけれども、
「早い楽」ってなかなか見ないよね。

しかも、飛行機降りた直後で、
何も仕切られてない所に、
ラウンジの真ん中でやっている。
めちゃくちゃ不衛生そう。
大丈夫なのかな。
まぁ、食べないからいいけど。
一皿60penceくらいからあるみたい。
約100円。
うーん。
いつかトライしよう。
いや、しないね、きっと。

でも、ヨーロッパでは寿司が人気あるみたい。

ーー
それから空港には
ヨーロッパ発祥のAccessorizeも
ありました。

韓国に結構入ってて、
日本に数店舗しかないみたいね?

ーー
そして、空港を出ると、
韓国人の知り合いの方がお迎えに来てくれてました♪

一人は前からよく知ってる
日本語と韓国語通訳する先生。

もう一人は今回初めて会う
韓国人の宣教師の先生。
でも、韓国の아줌마(アジュンマ/おばちゃん)って
感じのパワフルな方です。

ちなみに、日本で
「おばちゃん」
って言ったら失礼だけど、
韓国での「アジュンマ」は別に失礼じゃないみたい。

店のおばちゃんとかを「アジュンマ~!」って呼ぶもん。

あっ、でも、初めて会った人に
「アジュンマ~!」とは呼べないから、
やっぱ失礼ってことか、、。

でも、とにかく会った時からおばちゃんパワー炸裂。
空港の外に出た瞬間、
「Picture! Picture! Take a picture!」
なにかと思ったら、
「Welcome to Edinburgh」
とビルの一番上の辺に書いてある。

iPhoneを出して撮ると
ちゃんとしたカメラじゃないことに残念そう。

それでも、これをバックに私の写真を撮り、
次に2人の写真を撮る。

満足げ。

韓国人はやはりどこに行っても韓国人。

ーー
そして、おばちゃんの家に泊めてもらったんだけど、
夕方だったので、とりあえず夕食を準備しといてくれました。

ペクス(백수)!!

一見、参鶏湯(サムゲタン/삼계탕)だけど、
違うらしい。
ペクスなんだって。
そして、違いを聞いても、はっきりと答えてくれない。
韓国人でもあんまりわかってないみたい。

「えっ?じゃぁやっぱりサムゲタンじゃないんですか?」
と聞くと、
「ちがうのよ。これはペクスなのよ。」
うーん。
どういうこと?

ということで、得意のネット検索。

『鶏のサイズがサムゲタンは雛鳥なのに対し、
 ペクスは大きな鶏1羽です。』

なるほど~。

味は一緒だけど、鶏の大きさが違うとのこと。

で、ペクスの肉の方が柔らかくておいしいんだって。

確かにそう言われれば、でかいっ!

普通、サムゲタンだったら、一人一羽食べるけど、
これは四人で一羽だけでした。

中にはサムゲタンと同じように、
にんにく、なつめ、もち米等、入っています。

一人ずつ、このようにお皿に入れて食す。

おいしすぎるっ!!!

韓国の味です。

イギリスで韓国の味が食べれるなんて!
感激です。

やっぱ、韓国人ってすごいです。
どこの国に行っても
自分たちの食文化は崩しません。

キムチも自分で漬けてて種々多様。

時差のある私に最高の夕食。

そして、時差のため、
めちゃくちゃ眠たくて、
夜7時頃からシャワー入ったりして、
夜9時半に就寝。

Good night from Edinburgh!

(Visited 3 times, 1 visits today)
ABOUT ME
elemo.me
カナダに留学。アメリカ、韓国、タイなどに住む機会があり、その時々で、いろんな方のブログやネットの情報に助けられてきました。 私も、自分の記事が少しでも誰かの役に立ったらいいなと思い、海外で調べたことや、行ったお店の紹介など、少しずつアップしていくことにしました♪