未分類

ネパール#2 【名古屋発広州行きCZ3067】上海でのお手続きの流れ

あっ!到着したのは、上海でした!
広州じゃありませんでした!!!
(前回のブログ訂正しときます。)
この、中国で二回乗り換える便、なかなかやっかいです。
でも、上海ではとりあえず入国審査を済ませるのみ。
現地係員が同行してくれます。
まず、飛行機から降りると、下に見えたのは、パソコンのキー型のソファー。

Alt, Shift, Esc, Enterなど。

でも本当はこんな写真なんて撮っている場合じゃない。
現地係員の指示に従って動かなければいけない。
まず、このタグを渡される。
前回はシール貼るだけだったのに、シールじゃ分かりづらいから改善されたらしい。

そして、自分のチケットを見せると、それをまた手書きで別の搭乗券に手書きで書き込まれる。私の席は49Aなので、「49A」と書かれました。なんだかアナログ。もっと機械的にすればいいのにね。中国南方航空さん。

そして、入国審査の所に並ぶように言われる。

でも最初に誘導された所は、中国人のレーンで、一瞬並んだけど、「あれ??ここ違うくない??」って気づき、違う誘導員に聞いたら「ジャパニーズは向こうに行け」という感じだったので、24人が民族大移動。
外国人用のレーンへ。

そして、注意点は、壁際にこの「ARRIVAL CARD」が置いてあるので、自分で持って来て各自記入しないといけないということ。誘導員は特に何も教えてくれない。

私はこんなの書いた記憶、全然なかったけど、ネパールに行ったことのあった記憶力の良い一人の子が覚えていて、「たぶんこれ書かないといけない」と言ったので、みんなで並びながら書きました。
普通こういうのは機内で配られるものだけど…。親切じゃないな、中国南方航空さん。

「Purpose of visit」って、「旅の目的」みたいなものを書く場所があるんだけど、乗り換えのためだけだし、旅の目的もあったもんじゃない。私は「Other」にチェックを入れておいたけど、空欄でも何も言われなかったみたい。
そして入国審査が終わり、税関も通り、手荷物検査も再度されて…
しばらく上海の待合室で待ち、
再び空へ!!!
ひゅーん!!!

空って綺麗ですね。
そして再び機内食。
上海〜広州は、国内線なのに、意外とちゃんと出た。

漬け物・フルーツ・パン・謎の物体。

メインは別で選べるんだけど、「シーフードヌードル」という響きに負けて、それにしてみました。
「シーフードヌードル」というほどのものじゃないじゃん!!!
もっとシーフード期待したわっ!
これなら、「えび焼きそば」って言って欲しかったな…。
って思いましたが、機内食を頼む時によくある感じの出来事。
そして、こちらの謎の物体。
なんでしょう。

横の女の子は、「パイナップルかな〜?」って言ってたけど、開けてみたら、中身はこちら。
これはなんでしょう?

答えは…ザーサイ!
一口食べてみたけど、断念しました。
何が美味しいのか分からない。
でも、同じチームの私よりお姉さんの方は「ザーサイめっちゃ美味しかった〜♪」と、言っていました。人の味覚って、全然違うから不思議。

そして、さらに飛ぶ。

雲がもこもこでした。

緑がいっぱいーーー!
さすが中国。広大。

少しずつ街へ。

今度こそ、広州に到着!!!!

階段で下りてシャトルバスに乗り込む。
飛行機から階段で下りるという行為をしたのが初めてだったという子がいて
「なんか大統領になった気分だった〜♪」
と言っていた。
私は格安航空券に慣れすぎて、格安航空券はだいたい階段で下りるパターンなので、あまり驚かず。大統領の気分も味わえず。残念。
それにしても、飛行機、長いなぁ。
また明日をお楽しみに!
ABOUT ME
elemo.me
カナダに留学。アメリカ、韓国、タイなどに住む機会があり、その時々で、いろんな方のブログやネットの情報に助けられてきました。 私も、自分の記事が少しでも誰かの役に立ったらいいなと思い、海外で調べたことや、行ったお店の紹介など、少しずつアップしていくことにしました♪