未分類

【ガソリン】ハワイのガソリンの値段&種類

昨日のガソリンネタから引き続き…。

2013年11月ハワイのガソリンの値段

1ガロン(3.785リットル)が、4ドル前後。
1ℓ=$1.05(約100円)。

1ℓ=100円って!!!!
日本は、今、 1ℓ=140円とかなのに!!


安過ぎでしょっ!!
というか、日本、高過ぎでしょっ!!

でもね、ハワイで最安ポイントを見つけたよ!
それは、米軍の方たちが住んでいる地区内。

知り合いがいないと入れないけど、
知り合いの方にベビーシートを借りることになり、
その方の家が軍人さんたち専用のエリアで、
そこにあるガソリンスタンドが
一般の所より10セントも安かった!!


外では$3.97くらいの時に、ここは$3.87。
「いいのかな?ここで私たち入れてもいいのかな?」
「IDとか何か見せろって言われないかな?」
と言われつつ、何気ない顔で行ったら
何も問題なく給油完了♪
わーい♪

しかも、前回満タンにした時に7000円くらいしたのに、
今回は5500円くらいだったという。
その時、「前回より$15くらい安いね!」っていう話をしてたんだけど、
よく考えたら10セント違うだけで、そんなに安くなるわけがない。
消費税がかかってなかったのかな?
たぶんそうだな。
それでも、安くなりすぎだけど…。
レシートがなくなったので、
謎は解明できず。
安かったからいいとしよう。
==
あと、たまにガソリンスタンドで、

この、ホースがかかっている所を上に上げないと、
ガソリンが給油されない場合がある。

上にあげた状態。

そんなの書いといてくれないと
分かるわけないでしょーーー!!

店内に行って、
「給油できないんですけど〜」
って、わざわざ聞いたという…。

===
それから、ガソリンの種類も3種類あって、
ちょっとややこしい。

Regular Unleaded」って書いてある場合や、

ただ「Regular」しか書いてない場合もある。

その横に、「Plus」や「Premium/Super」等がある。

Unleadedは「無鉛ガソリン」ということらしい。
Leadedは「有鉛ガソリン」ということらしい。

ちなみに「有鉛ガソリン」というのは、
昔使われていたガソリンで、
その名の通り、鉛がガソリンに含有されていたらしい。
ガソリンの機能を向上させるためらしいけど、
鉛は人体に害があるから、
もう日本では販売が中止されているらしい。
(参照:昔はみんな有鉛ガソリン

ハワイでもセルフで入れられるのは、
基本的には「無鉛ガソリン」とのこと。

ハワイでRegularとしか書いてない場合でも、
それは「Regular Unleaded 」のことだと思われる。

それが、普通の小型車に入れる、日本でいうレギュラー。
レンタカーの場合は、何か言われない限り、これで大丈夫。

===
あ’’ーーー!!
ガソリンのこと、こんなに調べるつもりなかったのに…。
一回、気になると、いろいろ調べたくなっちゃうこの性格。

いつも、おつきあい頂き、ありがとうございます♪

(Visited 1 times, 1 visits today)
ABOUT ME
elemo.me
カナダに留学。アメリカ、韓国、タイなどに住む機会があり、その時々で、いろんな方のブログやネットの情報に助けられてきました。 私も、自分の記事が少しでも誰かの役に立ったらいいなと思い、海外で調べたことや、行ったお店の紹介など、少しずつアップしていくことにしました♪