未分類

ホートで宿泊するなら…【PP Resort】がおすすめかな!?

ホートの宿泊所をご紹介。
泊まったのはこの小屋みたいな所。
名前は「PPリゾート」ってあったけど、
ネットで「PP Resort」とか打っても
なかなか出てこない。
「ホート」自体が、Hotって書く場合と、Hodって書く場合があるし、
 「チェンマイ」も、Chiang maiとChiangmaiと、
間にスペースを入れるか入れないかで検索結果が違う。
面倒くさい。
電話番号はこちら。
PP Resort
TEL: 089-9990936
この辺、宿泊情報がなさすぎて、
誰かホートに行く人の助けになるといいけど…。
ホート周辺では一番良いホテルかもしれないっていうくらい
良い所らしいよ。
こんな感じで何棟か並んでいる。
十二棟並んでいるらしい。
部屋の中はこんな感じ。
ツインです。
田舎のホテルにしては、まぁまぁの綺麗さかな。
テレビ・冷蔵庫・椅子・鏡もある。
アメニティーは
石けん・綿棒・シャワーキャップ・リンスinシャンプー1日分
お風呂は広い!
扉を入って左側がシャワー。
右側がトイレ。
シャワーとトイレが離れているので
シャワーの水がトイレにかかるといこともない。
普通の田舎のホテルだと、
トイレの真横にシャワーがあって
トイレがびしょびしょというのが普通。
お湯を沸かす機械。
私はチェンマイの家でも同じ機械だからすぐに分かったけど、
日本から来た方はよく分からなかったらしく、
電話がかかってきた。
結局電話で言っても伝わらず、
部屋まで行って説明。
結局、問題は、お湯を出しすぎていたからだった。
出し過ぎっていっても、日本の普通くらいの量だけど、
日本と同じくらいの勢いでシャワーを出すと
本当に冷たい水しか出ない。
温かいお湯でシャワーを浴びたい場合は、
「ちょろちょろ」っていうぐらいで
シャワーを浴びないといけない。

日本からのお客様、
「えっ!?こんなにちょろちょろしか出せないの?
 カルチャーショックだよー」
ってなっていた。

===
そして、寝たはいいけど、
カーディガンもパーカーも着て寝たけど
それでも寒くて何度も起きました。
極寒。
日本と変わらないんじゃないかな。
この寒さ。
朝、9度って出てたけど、
日本の9度なら、家の中はもう少し暖かいけど、
こっちの9度はすきま風ぴゅーぴゅーの9度ですからね。
そのせいで、日本からの先生は風邪を引かれたご様子。
朝8時はまだ霧がかっている感じ。
なかなか素敵なくつろぎの場がある。
暖かい時は最高だろうな。
オーナーは芸能人が好きなのか
芸能人の写真が写真立てに飾ってある。
オーナーさんがなかなか手際の悪い方で
一皿ずつしか出てこないので
私は写真を撮って楽しんでいた。
冬でもお花は咲いています。
卵を焼くのに時間がかかっていたらしい。
アメリカンブレックファスト
これ+コーヒーで、90バーツ(270円)。
ちょっと高いけど、こんなもんか。
注文する時に、
「朝ご飯いくらですか?」
って聞いたら、
「材料買ってこないと分からない」と言われ、
そんなのありかよ!って思ったけど、
タイではありらしく、結局、
「もうすぐ中国のお正月だからいろんな物がすごく高かったの〜」
ということで、
90バーツになりました。
あっ!フルーツも付いてたわ。
うーん、なんていう名前か忘れた。
味はりんごみたいな感じ。
(真ん中にあるのは本当にりんご。)
これはタイの醤油。
座っていた所の上の屋根は葉っぱでできているらしい。
意外ときれいにできている。
すごい〜。
これで、2、3年は大丈夫らしい。
だめになったら、新しいのでまた作るんだと。
これは他の家で、
もうだいぶ駄目になってきていると思われる屋根。
お湯がちょろちょろしか出ないことと
冬は寒いってことがかなりのマイナスポイントだけど
夏ならばいいんじゃないかなぁ〜。
エアコンありの部屋となしの部屋があるみたい。
今回、私たちが泊まった時は
一部屋、450バーツ(1350円)だったけど、
これが外国人値段としてぼったくられているのかどうかは
よく分からない。
まぁ、日本に比べたら安いからいいか。
PP Resortからお届けしました♪
部屋の鍵。かわいい。
(Visited 1 times, 1 visits today)
ABOUT ME
elemo.me
カナダに留学。アメリカ、韓国、タイなどに住む機会があり、その時々で、いろんな方のブログやネットの情報に助けられてきました。 私も、自分の記事が少しでも誰かの役に立ったらいいなと思い、海外で調べたことや、行ったお店の紹介など、少しずつアップしていくことにしました♪