未分類

ネパール#4 カトマンズ空港(KTM)にて短期15日間のビザ申請!なんと写真がいらない!?

乗り換えにかなりの時間を費やしましたが、やっと、ネパールに到着です♪
Welcome to Nepal!!! 
って、ネパールの雪山が迎えてくれました。
到着して安心したのも束の間。
ビザ申請をしなければならない。
ネパールは短期でもビザなしでは入ることができないので、15日間のビザを申請する必要がある。
15日間のビザは25ドル。
物価の安いネパールにとって、旅行者が入国するだけで25ドル取れるなんて、なんておいしい話なのだろうか。
私たちだけで、24人×25ドル=600ドルですよ!!!
600ドルって、たぶん、ネパールの普通の人の月給よりいいんじゃないかな。
すごいな。ビザ申請のお金。
だからか、ビザ申請の情報とか、本当に適当です。
3年前はそうじゃなかったのに、今回、空港のビザ申請する前の所に、ビザ申請のための機械が置かれていました。
(みんなのビザ申請の手伝いをしていたら、機械の写真撮るの忘れてしまい、ショック…。)
とにかく、ネパールには似つかわしくない、すごいハイテクな機械が置かれていました。
<<カトマンズ空港(KTM)でのビザ申請の流れ>>
↓↓
①パスポートをスキャン
②個人情報を入力
(名前・パスポート番号・Eメールアドレス・滞在先電話番号・滞在先住所・前回ネパール入国日など)
※名前とパスポート番号はもちろんちゃんとしたものを入れたけど、Eメールアドレスや電話番号は適当でいいみたい。係の人が横から、なにかyahoo!のメアドを適当に入れて、電話番号は「11」とか適当に入れて、滞在先住所も”住所”って書いてあるのに、「Guest House」って入れて、市の所もどっかの地名を係の人が適当に入れていた。ネパールでの適当な地名というのが私は分からないので、私は「Lalipur」って、自分が行く所の地名を入れたけど…。でも、本当にこの人たちにとって旅行者の情報なんてどうでもいいんだなーって感じでした。
前回のネパールの入国日も、私は入れたけど、何も確認されずに「初めて」っていう風に他の人は選択してクリックされていたし。
そして、個人情報の入力が終わったら、写真撮影へ。
③写真を撮る
なんと、写真を持って行く必要がなかった!!!
機械の正面にカメラがついていて、プリクラのように、そこのカメラを見て、ボタンを押すだけ。
みんなパスポート用の写真をわざわざ800円とか払って持ってきた人もいたのに、それは無駄になりました。
私は家にあった履歴書用の写真を持って行っただけだったから何も損しなくてよかったけど、サイズ大丈夫かな〜とか、いろいろ心配したのが心配損に終わりました。
「ネパール ビザ 写真」とかって検索すると、どこのサイトでも「写真は持っていきましょう」ってなっていたのに。
まぁ、持って行けば機械が混み合っている時に紙でも申請できるので、持って行ってもいいかもですが、家にある適当な写真を持っていけば、それでいいのではないかと思われます。参考までに…。
④レシートみたいな紙が出て来るので、それを持ってレーンに並ぶ
⑤カウンター1にて、申請料を支払う
ちなみにここでは、「何日のビザがいるんだ?」『15日』という会話しかなされません。
でも何言ってるか分からなくても、25ドルきっちり出せば問題なし。
ネット情報によると、25ドルきっちりじゃないと、「お釣りはない」と言って、絶対にあるはずなのにお釣りはくれないらしいので、30ドルで出したら、5ドル損することになるらしい。100ドル札しか持ってなかったら最悪だね。お金はきっちり持っていきましょう。
そして、25ドル支払うと、こんなレシートをくれます。
これを持ってカウンター2へ。
⑥カウンター2で入国審査
さっきまでのハイテクな機械とは裏腹に、なんかここは、入国審査なのに、全然ピリピリしてなくて、時間がゆっくり流れていて、カウンターの人たち同士で世間話みたいなことをしながら対応してくれました。
聞かれるのは、「How many days will you stay?(何日滞在するの?)」ってことくらい。私たちは6日間だったので、「6 days」って答えるだけ。
⑦シールを貼ってもらって、終了!
審査場で、このシールを貼ってくれます。このシールを貼るのに時間がかかるのか、いろいろ手書きで書いているからなのか、ここのプロセスが意外と長い。
しかも私のパスポート、もう8年目で、なかなかスタンプがたくさん押されているので、私のパスポートをめくりながら、ネパールのビザ申請の所のおじさんに、なんかいろいろ聞かれました。
おじさん:How many countries have you been?(今まで何カ国行ったの?)
私:Umm.. Many.(うーん、たくさん。)
おじさん:Too many! (多すぎるよ!!!)
私:Haha(ははは〜)
という会話がなされたり、最後には、
おじさん:Is it the first time in Nepal? (ネパール初めて?)
私:Second time.(二回目です。)
おじさん:Do you like here? (ネパール気に入った?)
私:Yes! I do!!! I like Nepal. (うん!ネパール好きです!)
おじさん:Haha, Enjoy your trip! (そうかそうか、楽しんでね!)
私:Thank you! (ありがとう!)
という会話で終わりました。
私がトップバッターであとからみんなが付いて来てたので、私は後ろの子たちのことを心配して、後ろの中学生の子たちに、「何日滞在かって聞かれたら、シックスデイズって言ったらいいからね!」って伝えたりしてたけど、みんな私と仲間だということが分かって、特に何も聞かれなかったらしい。
それより私がめっちゃ話してたことにより、「何をそんなに聞かれているんだろう?」って、逆にみんなを不安にさせていたらしい。ごめんなさい。
でも、あの緩い感じが好きです。
ネパール。
入国して、公衆電話が置いてあったであろう箱の前で待つ。
あっ、この旗みたいの、三年前にも写真撮ったな〜。
なんて思いつつ、待つ。
空港はこんな感じ。
夜遅くだから空港はかなり閑散としていて、人気があまりありませんでした。
それにしても、無事到着したし、なんだかわくわくしてきたぞ。
ネパールの旅。
なかなか進まないな、この旅…。
ABOUT ME
elemo.me
カナダに留学。アメリカ、韓国、タイなどに住む機会があり、その時々で、いろんな方のブログやネットの情報に助けられてきました。 私も、自分の記事が少しでも誰かの役に立ったらいいなと思い、海外で調べたことや、行ったお店の紹介など、少しずつアップしていくことにしました♪